« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

Espionage

第二次大戦中、枢軸側の暗号が解読されていたことは、今となっては周知の事実です。
英米の華々しい成功と比べると今一ですが、日本でも暗号解読は行われており、海軍や外務省の暗号が解読されている可能性を指摘した釜賀少佐等がよく知られています。
自分が解読している位だから敵も……となるのは当然で、暗号機に絶大な自信を持っていた海軍や外務省とことなり、陸軍では理論的に解読されない乱数表の使い捨てという、自国の補給能力を鑑みない方法を用いていました。そのおかげで、乱数表が鹵獲されない限りは解読出来なかったそうです。
解読されないようにするための面白い方法として、米軍ではネイティブアメリカン(アメリカインディアン)に自分たちの言葉で喋らせると言う方法があったそうです。
その一方日本の場合……薩摩弁で会話させると言う方法を実際に使用した事があるとか。

それでは、お楽しみいただけると幸いです。

機動戦士Zガンダム Part II ― メモリアルボックス版DVD機動戦士Zガンダム Part II ― メモリアルボックス版


販売元:バンダイビジュアル

発売日:2007/11/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "Espionage"

| コメント (0) | トラックバック (0)

Espionage

英国の諜報機関としては、MI6とも呼ばれる事がある秘密情報局《Secret Intelligence Service》が有名なところ。
フィクションの中では、007シリーズが有名です。
007シリーズでは、局のTOPはMとされていましたが、実際にはCと呼ばれるそうです。
又、シャーロックホームズの兄、マイクロフトも設立に関与していた風な設定です。
ところで、シャーロックホームズの冒険でマイクロフトを演じたチャールズ・グレイ氏、ダイヤモンドは永遠にでブロフェルド演じてたりします。(二度死ぬでは別の役だけど)
ちなみに今回登場するTOPもMになりますね。黙ってればマイクロフトになれるのになんて言う評価まであったりしますが。

ジョン・ディクスン・カーを読んだ男 (論創海外ミステリ 68)ジョン・ディクスン・カーを読んだ男 (論創海外ミステリ 68)


著者:ウィリアム・ブリテン

販売元:論創社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "Espionage"

| コメント (2) | トラックバック (1)

Espionage

日本ではじめての本格的なレヴューは、やはりというか宝塚歌劇団(当時は少女歌劇団)による、モン・パリだそうです。
この人気を受けて、浅草等では、廃れていたオペラの代わりにレヴュー劇団が大量に産まれ、消費されたようです。
軍服美人については、昭和14年に桑野通子さんの陸海軍服姿のブロマイドが検閲により発禁となっている事実があります。
それでは皆さん、スミレの花咲く頃♪ ……って、グランドフィナーレに持って行ってどうする(w
よろしければお楽しみください。

2007年宝塚歌劇全主題歌集Music2007年宝塚歌劇全主題歌集

アーティスト:宝塚歌劇団,彩吹真央,水夏希,瀬奈じゅん,霧矢大夢,春野寿美礼,矢代鴻,安蘭けい,白羽ゆり,柚希礼音,大和悠河
販売元:宝塚クリエイティブアーツ
発売日:2008/04/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する


続きを読む "Espionage"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »