« 面白い体験って…… | トップページ | Espionage »

Espionage

本来社名や商標が一般名詞化する事があります。
キャタピラー(無限軌道)
シャープペンシル(mechanical pencil/propelling pencil)
などいくつかありますが、なんと言っても有名なのはホッチキス(ステープラー)では無いでしょうか。
何しろ、一般名詞として浸透したために、文房具としては商標が失効しているそうですから。
ちなみに発明者は、世界初のガス圧利用式機関銃を発明者した人物と同一人物で、彼の弟が起こした会社で生産されたそうです。(本人はフランスで自動車/兵器製造会社を起こした)

では、Espionageをお楽しみいただければ幸いです


ペーパーステッチロックタワー!デキルオトナのデキル文具!針のいらないホッチキス? ペーパーステッチロックタワー!デキルオトナのデキル文具!針のいらないホッチキス?


販売元:ユウセイ堂(玩具・文具・雑貨)
楽天市場で詳細を確認する


 いやに冷ややかな辻の声が、防音処理された部屋を満たす。
「おかげさまで、もう完全です」
 声とともに、丸眼鏡の奥で瞳が燦めくのを認める。それは、不吉なものを感じさせるに十分なものだ。
「それは何よりだ。だが、以前と比べてどうかね」
「まったく問題ありません。確かに、若干背丈は縮みましたが、それ以外は以前よりも良くなっている位です」
「ああ。報告書の結果もそうなっている」
 何が若干だと思いつつも、辻は何気ないふうに一枚の書類を取り上げ目を通すふりをする。
「なるほど。射撃や格闘術だけでなく遊撃《ゲリラ》戦の訓練結果も届いているが、確かに前より良くなっているようだね」
 何ともいやな予感を不知火は感じていた、何故、こうまで前より良くなったを連発するのだ。確かに、あの事故でこんな体になったとはいえ、純粋な能力だけで言えば確かに前よりも上がっているかもしれない。
「まったく素晴らしいじゃないか、ええ。今の体であれば、前もあんな無様な姿をさらさずともすんだだろうに」
「そんなことはありません。あのときは、あれ以上どうしようも無かったと自分は判断しております」
「拳銃が抜けなかったことも含めてかな」
「いえ、アレは」不知火は言いよどんでしまった。それに、辻のしゃべり方も、どうにもやりにくい。いやに冷ややかなくせに、言葉だけ取り出した限りではいやに丁寧なのだ。それは、部下に対するものでなく明らかに年少者に対するものだ。まるで、卒業後直ぐ配属されたばかりの初心者打字手に対して仕事内容を懇切丁寧に説明するような。
「確か、蓋付き拳銃入れ《ホルスター》だったため、咄嗟に抜けなかった。そうだったね」
「アレは……  アレは確かに自分のミスです。今から思えば、蓋を外した上で懸紐《ランヤード》を使用しておけば良かったと後悔しています」
「そうだね。確かに、そうすべきだった。だが、本当の要因はそうで無いだろう」
 不知火は、怪訝な顔で辻を見返した。
「そもそも、君の任務は何だったかな。不審者と戦うことが任務だったのかと言うことだ。
「二十面相の様に、気球で立ち去るのを心配したとでも言うのかな。西君の判断が無ければ、どうなっていたことか」
 不知火は、思わず唇を噛みしめた。確かに、辻のいうことは正論だ。辻の同期でもある西騎兵少佐《バロン・ニシ》が居たおかげで彼が助かったと言える。それは確かなのだが、だが。
「それは確かにそうです。ですが、あの場合防戦は必要であったと判断します」
「なにも、君の判断が全て間違いだったとはいわないよ。確かに、ドイツ戦車の投入判断は見事だったという西君の判断に賛同する。
 だが、そもそも今回の任務は何だったかな」
「仁多研で行われた研究成果の国内移転です」
 辻は再び人差し指で眼鏡の位置を直すと口の端を歪ませた。
「その通りだ。任務を考えて技術将校として赴いたのは正しい判断だが、戦車兵の服装はどうだろう。確かに官給を嫌がる将校が未だ多いから不自然とは言えないが。しかし、技術将校が積極的に戦闘に参加するとなるとなぁ。
 まあ、結果として国内への移動は上手くいった。思った以上に上手くいったと言うことで、これ以上は言わずにおこう」
 憮然としたままの不知火を手で制すと、機関銃と同じ名の登録商標を持つ紙止め《ステープラー》で纏められた資料を取り出した。
「さて、と。確かに調子は悪くないらしい。まあ、個人的には不満もあるが、この仕事で人の数が足りたなどと言うことは滅多聞かないのも事実でね」
 言葉とともに置かれた資料には、タイプライターの様な部品が写された写真が留められていた。


« 面白い体験って…… | トップページ | Espionage »

戯作」カテゴリの記事

コメント

辻~んの出番が増えてて嬉しいかも。
西氏のハーレー乗っての再登場もちょっと期待してたりしてw
蛍:馬は?
瑠:暴れん坊男爵?
茜:良い……


誤字報告っす。
>>口の箸を歪ませた。

投稿: 野良 | 2008年4月30日 (水) 20時33分

一文字姓のオンパレード(をゐ

西:ウラヌスでの登場は、満洲里あたりで山下中将の護衛としてかな。
神:いや、シベ超ネタはやめておいた方がいいぞ
辻:西君には、赤い塗装の三式艦上爆撃機 (Espionage世界では命名法が旧来との併用方式)で登場してもらう予定だ。回転銃座に座ってもらって、戦闘前には一回転してもらうと言うことで。
西:微妙に違うネタが混じってるぞ。だが、新司偵ってのもありだな。塗装は金メダル仕様でどうだ
神:なんか、寺臣公爵とか出そうだな…… ところで、俺の登場予定は?

翠:なんか……濃い方々ですね
瑠:バロンも、結構濃い方だったらしいですし、辻んはどんなネタでも『辻だったらあり得る』って思わせるし、重ちゃんは特攻野郎Aチームだし
蛍:尚、辻中佐=ツンデレ眼鏡っ娘、西中佐=活発系お嬢様、神中佐=熱血スポーツ娘 への変換をおすすめします
一文字姓s:さて、不知火君。子孫の不始末は先祖の不始末
不:馬鹿子孫がー

ということで、誤字報告感謝無二だ

投稿: 偽 | 2008年5月 1日 (木) 07時29分

|ω・) じゃ、先祖の出てないあちきは、安心して一文字姓sを萌化してしまうか……
一文字姓s:子孫の同僚の不始末は
不:ちょーまてやーー!

投稿: 野良 | 2008年5月 1日 (木) 08時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/528807/20668439

この記事へのトラックバック一覧です: Espionage:

« 面白い体験って…… | トップページ | Espionage »